カラフルなモータースクーター

Bowen School Japan

Tom Bowen's manual therapy technique
ゴールデンチャクラ
 

​Bowen Technique?

オーストラリアのGeelongで、Tom Bowen(1916-1982)が開発し1959年から1982年にわたってクリニックで施術に使用してきたテクニックです。ボウエン・テクニックの無理な力を加えない優しい手技は、身体を副交感神経が優位な状態に導き、筋や腱の中にある固有受容器を刺激することにより身体全体の反応を促すことが現在ではわかっています。身体の流動性は促進され、リラックスした状態で本来の機能を取り戻していきます。

history

1959年から1982年、後に「ボウエン・テクニック」と呼ばれることになった手技療法をトム・ボウエンがクリニックで行っている間に、数々の人たちが週1回ずつ見学にやってきました。ボウエンが見込みのないと言った者は去っていき、最終的にボウエンが本質を理解したと認めたのが見学に来た年代順に、以下の6人です。

 

Nigel Love (カイロプラクター)

Keith Davis (カイロプラクター)

Kevin Neave(カイロプラクター)

Oswald Rentsch(マッサージセラピスト)

Romney Smeeton(カイロプラクター)

Kevin Ryan(オステオパス)

 

トムの生前、1982年にKeith DavisとKevin Neaveは共にカイロプラクターのためのコースをメルボルンで教えました。

また1984年にはKevin Ryanが12人の生徒に週1回、8ヶ月に渡ってクラスを指導しました。

Kevin Ryanは、オーストラリアの Royal  Melbourne Institute of Technology にて、9年に渡って、オステオパシーのコースの一環として最終学年の生徒にボウエンのアプローチを指導しました。

 

1986年後半、Ossie Rentschはボウエンのテクニックを、定められた場所に施す短い一連の「ムーブ」にまとめた方法を一般の人たちに教え始めました。これは14ページのテキストブックにまとめられ、1997年までは3〜4日間の講習で習得することができるシンプルなものでした。これが現在のBowtechのモジュール1〜6となりました。

 

「現在世界に広まったBowtechの技法は「アセスメントに欠け、規則に則ったムーブを定められた場所に施すだけで、トム・ボウエンのアプローチとはかなり異質のものである」とRomney Smeetonは言っています。

黄色の壁にサボテン
Tom Bowen's manual therapy technique
 

Instructors

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom

ボウエン・スクール・ジャパン®のインストラクターは、米国のAmerican Bowen Academyで教育を受けたのちに、Romney Smeeton氏に師事。その他、American Bowen Academyの継続教育として認可されたGraham Pennington氏や応用編クラスを提供する John Garfield氏などと提携して、セラピストになった後の上級編講習も継続し、さらなる技術の向上を提供します。

花束
   Bowen School Japan
 

class

ボウエン・スクール・ジャパン®の基本クラスは、一つのテクニックを各自が何度か実際に試し、インストラクターが評価し、必要なアドバイスができるよう少人数制です。また、クラス履修中にいつでも疑問を解決できるようにグループページでサポートをします。6回にわたる基礎テクニックの履修修了時には、自信を持って施術できるよう進めていきます。

 

基礎テクニックの履修後は、ミルトン・メソッド、神経・内臓コース、エメット・テクニック(ET)、NST、さまざまなアセスメント等の継続教育のクラスやオーストラリア、イギリス、クロアチアなどのインストラクターによるセミナーやワークショップを履修することができます。

猫の散歩

​contact us