Copyright (C) 2015  Bowen School Japan  All Rights Reserved.

 

 

class room

モジュール3までで、ボウエン・テクニックの歴史、コンセプト、ボウエン・ムーブがどう作用するのか、基本となる指の使い方、ムーブ、テクニックなどを学んでいきます。ボウエンの基本的な手技、力のいれ加減などに慣れて家で練習することにより、基本テクニックの効果を実感していくことでしょう。

モジュール4からは、身体全体のバランスの見方、各部所の触診によるアセスメント、それまでの基本テクニックの意味や応用も含め、さらに新しいテクニックを学びながら、どのような時にどのテクニックをどのように使えばいいのか、自分で判断できるよう学びと理解を深めます。モジュール3までの基本テクニックを一度解体して基礎から実践への応用にしていく過程でもあります。

さらに上級コースでは、神経や硬膜、血管の支障のアセスメントのスキル、対処の仕方、その場所に直接触れずに影響を与えるいくつかの方法、赤ちゃんや妊婦への施術法、関節、滑液包、腱専用のテクニック、馬や犬のボウエンなども学ぶことができます。

​導入編講座・モジュール

これからボディワークを始めたい方や、ご家族やお友達に使ってみたい方のために、4時間の導入編講座、および6回にわたるモジュールの基礎クラスを開催しています。 

モジュールクラスでは、ボウエン・テクニックの基本となるコンセプト、手の使い方、いくつかのアセスメントのメソッドを学び、7回目に実技と筆記の試験を行います。

有資格者のためのクラス

すでに手技療法をお仕事とされている方のためのクラスです。

12日間(全6回)で、基本となるテクニック、およびアセスメントの仕方を学び、各々の施術にどう取り入れることができるかを練習していきます。

基本テクニックの修了後は、細かいテクニックや基本テクニックの応用、様々なアセスメントの方法を学んでいきます。

継続教育・セミナー

ボウエン・スクール・ジャパン®では、今後、海外からの教師陣を迎え、ボウエン・テクニックを生かした鍼灸、カイロプラクティック、オステオパシーなどの施術の方法、またそれらの技術を取り入れたボウエン・テクニックの技法を習得することができるセミナーを開催していく予定です。